読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

若年性ゲーマー症候群

ゲームをプレイした感想や日記を書いていきます。

9時間9人9の扉/DS

来たる明日、6/30にスパイクチュンソフトより極限脱出シリーズの3作目「ZERO ESCAPE  刻のジレンマ」が発売されます。

 

自分は2作目の善人シボウデスはプレイしたことがあるのですが、1作目の9時間9人9の扉はプレイしたことがありませんでした。

 

なので今回は「刻のジレンマ」の発売に備え9時間9人9の扉を購入し、プレイしてみました。

 

まず思ったこと、値段が高い!

7年前に発売されたゲームなのに自分が買ったパッケージ無しのソフトのみで3000円越え

パッケージありの新品に関しては1万円越えのプレミア価格が付いていました。

 

感想(ネタバレなし)

 

このゲームは脱出パートとノベルパートの2つのパートを行き来しながら進行していきます。

 

脱出パートについて、脱出の難易度はさほど高く無いです。

というのも、同じアイテムやギミックを何度も調べていると仲間がヒントを教えてくれる場合があるためです。

これにより、脱出の難易度が格段に下がっています。

よって、脱出で詰まって進めないという事態にはほぼほぼならないと思います。(もし詰まったら攻略wiki見れば良い訳ですしね)

 

ただやり直しが辛い、全部のエンディングを見るには最初のステージを6回クリアする必要があります。これが2回目以降はただの作業と化してしまいます。

 

その点善人シボウデスではやり直しが必要無いので良い改善だったと思います。

 

ノベルパートについて、物語自体がとても面白いです。

 

以上

 

いやだってネタバレになっちゃいますし、

どこまで言えば良いのかも分かんないですし?

 

とりあえずこれで、心置きなく「刻のジレンマ」を楽しめそうです。

ただひとつ、心残りがあるとすればこの記事を書いている間に発売日になってしまったということぐらいでしょうか

 

 

 

 

 

極限脱出ADV 善人シボウデス

極限脱出ADV 善人シボウデス

 
極限脱出ADV 善人シボウデス

極限脱出ADV 善人シボウデス

 

 

 

極限脱出 9時間9人9の扉

極限脱出 9時間9人9の扉